headband

据え置きってどんなタイプのルーターのことを言うの?

ルーターは主に2種類あります。

  • モバイルルーター
  • 据え置きのルーター

この2つです。

据え置きというのは、その名の通り、電源を使い、一定の場所において使う端末のことを言い、モバイルルーターのようにどこにでも持ち運んで使うことは出来ません。

とはいっても、据え置きタイプのルーターは種類が豊富であり、大きなアンテナを持った強力タイプのものから、旅行や出張などに使える、コンパクトなサイズなものまで様々あります。

一般的な性能や処理能力も高いので、家庭内で使う分にはおススメの端末です。

ただ、据え置きタイプのルーターは、ルーター端末だけあっても、インターネットに接続することはできません。

ネットに接続するためには、フレッツ光やau光といった、固定のインターネット回線につなげる必要があります。

概ね、費用は、5,000円前後となっており、モバイルルーターに比べて、やや割高になりますが、その分、安定性と、通信速度が優れています。

モバイルルーターはどうなの?

モバイルルーターは、端末の内部にモデムの機能が内蔵されているので、電波の基地局から、電波を拾うことが可能になっています。そのため、端末1台のみでアクセスポイントとなり、使うことがOKに。

ただ、端末だけでは使えないので、SIMカードには契約する必要があります。

SIMフリー端末ではない、キャリアのモバイルルーターを使う分には、セットでSIMカードがついてくるので、安心してください。

通信費が安いことも挙げられます。固定の光回線が5,000円前後かかるのですが、WiMAXなどのmobileルーターは3,000円台から持つことが可能です。

通信費を安く抑えたい場合には、モバイルルーターの方が良いでしょう。

大量にデータ通信を行う方の場合、据え置きのルーターの方が良いですが、今は、モバイルルーターでも、「ギガ放題」などの、データ量の制限のないプランがあるので、そちらも併せて検討されると良いでしょう。

pagetop