headband

モバイルルーターは防水機能がない!

最新のスマホには、防塵・防水機能が付いたものが多々ありますね。

やはり、スマホや雨の日だからといっても使わないわけにはいかないので、ある程度の防水機能が必要になってきます。

その流れを受けて、多くのスマートフォンでは防水の機能が施された端末が多い模様。

これはいい流れですね。

でも、モバイルルーターは残念ながら、防水機能がありません。

なので、雨の日の利用には十分な注意が必要になりますし、雨以外にも、水の中に落とす、いわゆる水没に気をつけなければなりません。

水没しちゃったら、まず何をすればいいの?

水没させてしまうと、修理費がかかる。ですから、みんな慌てます。

でももしかしたら復旧できる「かも」しれません。

端末が水没すると、高確率で故障してしまいます。

当然、故障してしまうと、その間はインターネットにつなぐことが出来ないので、ネットを楽しむことが出来なくなります。

その間も契約は続き、解約することもできません。

なので、正しい処置を行い、復旧することを願いましょう。

まずは電池パックを抜き取りましょう

モバイルルーターを水没させて、電源を入れて、奇跡的に電源が入っても、喜んではいけません。

少なくとも水につかっているので、まずは乾燥させることが大切です。

そして、モバイルルーターのありとあらゆる蓋を外しましょう。

次に乾燥です。

乾燥にはドライヤ―を使う方が多いのですが、熱によって、端末が変形する恐れがあるので、注意しながら、乾燥させましょう。

自然乾燥させる場合には、日向に立てかけておきましょう。

最低でも1日は乾燥させると良いです。

復旧しない場合は修理がベター

モバイルルーターは水没すると、いかに復旧しても、内部が水濡れにより腐食したり、突然、故障したりします。

よって、細心の注意を払うようにして、端末を扱いましょう。

復旧しない場合は、お使いの端末のカスタマーサービスに相談することをお勧めします。

pagetop